« 成果。 | トップページ | タイミング。 »

2010年6月18日 (金)

評価。

JAXA_jp    はやぶさ関係者からのメッセージ
:「はやぶさ」帰還への想い
http://goo.gl/fb/QxX8J

今日、「はやぶさ」は燃え尽きますが、これほど多くの夢と希望を運んできてくれた探査機は無かったのではないでしょうか。そして、必ずよみがえると信じております。

★★・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆★★

まだまだ感動が冷めやらないなり。

今朝、相模原にカプセルが届きましたっ!

半年かけて分析するんだって!!楽しみ~~

昨日も友達に「ラストショット」の写真を見せながら話してて
思わず涙がボロボロ出てきたなり。。。。。。。。

「はやぶさ君の冒険日誌」をお勧めしまつ。

これも読んでて泣いちゃったもん。。。o(;△;)o

その中に「ミネルバちゃん」について書いてあった。

小惑星ロボットの名前でつ。

イトカワの地表探索のために「はやぶさ」から降ろされたんだけど、

通信が途絶えてしまったんだって。

重力が10-G(地球の10万分の1)の小惑星の上をどう動き回れるように作るか試行錯誤して、12年かけて完成したんだって。

でも、結果は出せなかったの。

失敗した、なんて単純な評価はしたくない。

[評価する・評価される]

これは、必要なことだと思う。

偶然発見した、毎日新聞の高校生小論文コンテストというもの。

http://mainichi.jp/sp/ronbun09/2009/01.html

なんと!昨年の最優秀賞に選ばれているのは

Mりんの後輩ではないかっ!!

ヽ(*≧ε≦*)φ

Mりんが39年かかってようやく分かってきたことを、

この高校生が簡潔に書いているなり!∑(゚∇゚|||)

「両者が同じ立場に立って、自分なりの意見を伝え合い、相手の考えに納得することができて真のコミュニケーションだと言える。」

すごかっぁ! ヾ(*゚A`)ノ

「自分のこれまでの体験や自身を、削りとるくらいの気力でないと充実した意見は出ないと思う。」

かっくいい。。。 (゚0゚)

この小論文が評価されて最優秀賞となったわけだけど、

彼女は「文章がうまい」だけじゃなく、

きっと考える力の素晴らしさも評価されたんだと思うなり。

読む力・書く力・伝える力

これ、鍛えるには新聞と本を読むことだと思うんだよね。

そして、人と話す・人の話を聞くこと。

Mkpu 評価、といえば心に残る思い出がある。

Mりんは小さい頃、なんとなくなんでも無難にこなすけど、
1位になったことがない子だったとです。

勉強もまぁまぁできる、足も速い。
絵も習字もピアノも、まぁできる程度。

子どもながらに「絵で表彰されたい!」と思って描いてた記憶が。

一方で、今NYにいる妹はそういう欲とかなくて、スポーツも苦手で、

でも、描いた絵が県で表彰されたの!

その時にMりんは思ったとです。

「芸術の才能は妹にかなわない。
 Mりんは勉強とスポーツをガンバろ!」

評価されることは、子どもにとって大事な体験だと思うなり。

順位をつけたりするの、最近はタブー視することもあるらしいけど、

17適切な評価や競争意識は大事なり

|

« 成果。 | トップページ | タイミング。 »

コメント

「はやぶさ」の帰還とカプセルの回収を心から祝福する。しかし、
宇宙開発の予算を大幅に削った腐敗・民主党には、夢も希望も持てない。
子ども手当などの税金のバラマキの10%でも充てれば十分の科学技術予算が得られる。
それはバラマキではなく、日本の将来に対する良き投資となる。

投稿: 左巻き菅 | 2010年6月19日 (土) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 成果。 | トップページ | タイミング。 »